質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Android

    6521questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

AndroidでFragmentTransaction.add()したものを最前面に表示したい

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 303

amery

score 93

タイトルの通りですが、
以下のソースは「ADD」ボタンを押すとフラグメントがADDされ表示される数字が増えていきます。
「BACK」ボタンを押すとaddToBackStackして画面が戻ります。
transaction.replace()だとうまくいくのですが、
transaction.add()だと背面にaddされる?せいか表示が変わりません。
最前面に表示する方法はないでしょうか?

▼MainActivity.java

package com.example.firstwin10.myapplication;

import android.support.v4.app.FragmentTransaction;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    int mPage = 0;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        Button button = (Button)findViewById(R.id.add_button);
        button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                mPage++;
                ScreenFragment fragment = new ScreenFragment();
                Bundle args = new Bundle();
                args.putInt("page", mPage);
                fragment.setArguments(args);

                FragmentTransaction transaction = getSupportFragmentManager().beginTransaction();
                transaction.add(R.id.container, fragment);
//                transaction.replace(R.id.container, fragment);
                transaction.addToBackStack(null);
                transaction.commit();
            }
        });


        Button backButton = (Button)findViewById(R.id.back_button);
        backButton.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                int backStackCnt = getSupportFragmentManager().getBackStackEntryCount();
                if (backStackCnt != 0) {
                    getSupportFragmentManager().popBackStack();
                }

            }
        });

    }
}

▼activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context="com.example.firstwin10.myapplication.MainActivity">

    <Button
        android:id="@+id/add_button"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Add" />

    <Button
        android:id="@+id/back_button"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Back" />

    <LinearLayout
        android:id="@+id/container"
        android:orientation="vertical"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent">



    </LinearLayout>
</LinearLayout>

▼ScreenFragment.java

package com.example.firstwin10.myapplication;


import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.Fragment;
import android.util.Log;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.TextView;

/**
 * Created by FirstWin10 on 2017/12/09.
 */

public class ScreenFragment extends Fragment {

    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container, Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreateView(inflater, container, savedInstanceState);

        View view = inflater.inflate(R.layout.fragment_layout, container, false);

        int page = getArguments().getInt("page");
        Log.d("page", String.valueOf(page));
        ((TextView)view.findViewById(R.id.fragment_text)).setText(String.valueOf(page));

        return view;
    }
}

▼fragment_layout.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">

    <TextView
        android:id="@+id/fragment_text"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginTop="30dp"
        android:text="fragment!"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />



</android.support.constraint.ConstraintLayout>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Android

    6521questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。