質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.07%

アジャイルな相対見積もりにおいてストーリー見積もりの単位を「時間」にするのはNG?

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 3
  • VIEW 3,793

kantapapan

score 16

アジャイルな見積もり手法において質問です。

ストーリーの相対見積もりを
「作業規模を表すストーリーポイント」ではなく
「時間」(人日/人月)の単位にするのはNGなのでしょうか?

個人的な解釈としては
「作業規模を表すストーリーポイント」がオススメであるけれども
相対見積もりのルールに準じていれば「時間」で見積もっても問題ないと
考えています。

皆様のご意見をお聞かせ頂けたら幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+2

アジャイル開発では、一回のイテレーションで何個の機能をリリースできるか? を重要な観点とし、その実装に何人日/人月かかったかはあまり重視しない傾向にあります。

と言うのは、アジャイル開発では、1イテレーションは2〜3週間程度の期間で固定され、イテレーションごとに実装された機能をリリースしていくので、総工数は最初から決まっているからです。

したがって、アジャイル開発における見積もりは、イテレーションに収まる規模がわかれば十分であり、工数を算出する合理的な理由は存在しないという考え方なのですね。

で、本題の
「作業規模を表すストーリーポイント」ではなく「時間」(人日/人月)の単位にするのはNGなのでしょうか?
についてですが、
相対見積もりのルールに準じていれば「時間」で見積もっても問題ないと考えています。
と仰られるように「時間」を規模の単位として扱っているだけだと認識さえしていれば、別に問題はありません。自分にとって扱いやすい単位で見積もりを行っているというだけのことです。

したがって、結論としては規模を見極めるという目的からブレない限りは「時間」で見積もっても何の問題もない、ということになります。


ここからは余談ですが、アジャイル開発で「時間」を使わない理由はもう1つあります。

それは、アジャイル開発ではビジネス側のステークホルダ(プロダクトオーナー)と協働することが必須であるという点です。

一般的に彼らはソフトウェア開発の素人であることが多いですし、見積もりの根拠も理解できないことが多いです。したがって、見積もりの単位を「時間」で表すよりもより抽象度の高い「規模」で表す方が話が通じやすいという実務的な理由であえて「時間」を見積もりの単位から外したとどこかの記事で読んだことがあります。

例えば、5人日の見積もりのタスクなら2人で掛かれば2.5日で終わるのではないかという安直な発想は、プログラマからすればナンセンスですが、ソフトウェア開発の素人には何がナンセンスなのかすらわかりません。

このような認識の齟齬は無駄なトラブルの火種になりかねないため、「時間」という単位を使うのをやめて、ストーリーポイントという「規模」を単位とすることにしたのだそうです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/05/30 00:49

    ご回答ありがとうございます!
    >規模を見極めるという目的からブレない限りは「時間」で見積もっても
    >何の問題もない、ということになります。
    視界の靄が晴れました!

    キャンセル

0

個人的な意見ですが、作業規模と時間は同じだと思っています。
重要なのはストーリーの作業規模の見積もりを如何に正確に行うかではないでしょうか?
よくあるウォーターフォールモデルみたいに作業規模=ステップ数=人月(ストーリーポイント)みたいな見積もりだといずれにしても意味が無いと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.07%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る