質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.98%

  • Laravel 5

    1452questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

Laravel5.4のクエリビルダーでwhereやorWhereなどを使っての条件抽出について

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 229

do_slice

score 18

Laravelのクエリビルダーについて質問させてください。

Laravel5.4のクエリビルダーでwhereやorWhereなどを使っての条件抽出について
うまくいかずに困っています。

記事を表示するサイトに検索の機能を作ろうと思い、
viewの検索窓から$keywordをコントローラーに送り
コントローラーで下記のような形でwhereやorWhereなどを使ってデータの抽出処理をしています。

  public function topSearch(Request $request){

  $keywords = $request->input('keywords');
  //省略    

//検索の前にドラフトと掲載前の記事を除外する    
  $query = Board::query();
    $query->where(function($query) use($now){
          $query->where('status', '!=', 'draft')
          ->where('published_at','<=', $now)
    });


//検索条件で抽出
   $query->where('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');
   $query->orWhere('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');


    $query->orderBy('created_at', 'desc');
    $boards = $query->paginate(20);

//省略

この際に前段の

          $query->where('status', '!=', 'draft')
          ->where('published_at','<=', $now)


が効いておらず、$boardsの中にドラフトと掲載前の記事も含まれてしまします。
キーワードでの検索の処理の条件の方は効いており抽出されています。

下記のような記述でも結果は同じでした。

$query = Board::query();
$query->where('status', '!==', 'draft');
$query->where('published_at','<=', $now);

暫定処理で表示したくないコンテンツはviewのbladeの方で

@forelse($post_boards as $post_board)
@if($post_board->status != 'draft')
@if($post_board->published_at <= $now)
//省略
<li>
  {!! mb_strimwidth( strip_tags( $board->description ), 0, 155, '...', 'UTF-8') !!}
  <a href="{{ route('boards.show', ['id' => $board->id]) }}">[ReadMore]</a>
</li>
//省略
@endif
@endif
@endforelse            


というような処理で非表示にしているのですが、
$boardsの抽出のところでできれば制御したいと思っています。

whereやorWhereの使い方の基本的なところが理解できていないのかもしれませんが、
ヒントをいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+1

https://laravel.com/docs/5.5/queries
Parameter Groupingのところで書いているとおり、whereに関数を渡したらその内部をカッコで囲むっていう感じになるので、

$query = Board::query();
    $query->where(function($query) use($now){
          $query->where('status', '!=', 'draft')
          ->where('published_at','<=', $now)
    });


//検索条件で抽出
   $query->where('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');
   $query->orWhere('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');

だと
where (status != 'draft' and published_at <= '$nowの値')
and title like %{$keywords}% 
or description like %{$keywords}% 
or titlelike %{$keywords}% 
or description like %{$keywords}% 

となってしまうのではないでしょうか

$query = Board::query();
    $query->where(function($query) use($now){
          $query->where('status', '!=', 'draft')
          ->where('published_at','<=', $now)
    });


//検索条件で抽出
$query->where(function($query) use($keywords){
   $query->where('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');
   $query->orWhere('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');
});

こうかなっていう感じがしますね。

※QueryBuilderには

$query->toSql();
$query->getBindings();


っていう関数があるのでどういうSQL文になってるか出力してみるといいかもしれません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/15 16:36

    rururu3様

    ありがとうございます!
    教えていただいた通りで想定通りの動きをしました。

    勉強になりました。ベストアンサーとさせていただきました。

    キャンセル

0

おそらくこのあたりが原因では?

   $query->where('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');
   $query->orWhere('title','like','%'.$keywords.'%')->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');


ここがやりたいことは「タイトルにキーワードを含む、または説明文にキーワードを含む」だと思うのですが、まず2回もtitleとdescriptionのorWhereが書いてあるのが多分無駄ですし、このorWhereがこの位置だとこれまでのwhereまたはこのorWhereになってしまいます。多分出来上がっているクエリはこんな感じです。

(ドラフトじゃない AND 公開日以降)
   AND タイトルにキーワードを含む
   OR 説明文にキーワードを含む
   OR タイトルにキーワードを含む
   OR 説明文にキーワードを含む


おそらくやりたいことはこうですよね?

(ドラフトじゃない AND 公開日以降)
   AND
   (タイトルにキーワードを含む OR 説明文にキーワードを含む)


だとしたらクエリの書き方はこうなると思います。

$query = Board::query();
$query->where(function($query) use($now){
  $query->where('status', '!=', 'draft')
    ->where('published_at','<=', $now);
});


//検索条件で抽出
$query->where(function($query) {
  $query->where('title','like','%'.$keywords.'%')
    ->orWhere('description','like','%'.$keywords.'%');
});

最終的に出来上がったクエリの形を確認するにはDB::getQueryLogを使います。
https://qiita.com/keita-nishimoto/items/0734d8f615b7b0146cb8

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/15 09:59

    ってまったく同じこと言ってるだけやないかーい!私の回答は無視してください…

    キャンセル

  • 2017/12/15 16:39

    masaya_ohashi様

    レスありがとうございましたmm

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.98%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Laravel 5

    1452questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。