質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.03%

  • Ruby on Rails 4

    2308questions

    Ruby on Rails4はRubyによって書かれたオープンソースのウェブフレームワークです。 Ruby on Railsは「設定より規約」の原則に従っており、効率的に作業を行うために再開発を行う必要をなくしてくれます。

rails show アクションについて エラーが出てしまう

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 105

Marge0101

score 8

rails勉強中です。rails チュートリアルにあるトイMVCを少し発展させたいなと思いチャレンジしています。
model内容をちょこっと変更しただけなのですが、show アクションがうまく動きません。
URL上に直接idを打ち込むと正常にブラウザーで確認できるのですが、indexページのshowをクリックするとidが見つからないとエラーが出てしまいます。

このようなケースの場合はどうすればよいのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします

<routes>
Rails.application.routes.draw do
  root 'topic_table#index'

  get 'topic_table/index'

  get 'topic_table/show'

  get 'topic_table/new'
  get 'topic_table/edit'

  get '/topic_table'  , to:'topic_table#index'
  get '/topic_table/:id' ,to:'topic_table#show'
  get '/topic_table/new', to: 'topic_table#new'
  post '/topic_table' , to:'topic_table#create'
<show.html.erb>
<h1>Staff details</h1>

<p>
    <strong>Name:</strong>
    <%= @user.name %>
</p>

<p>
    <strong>Email:</strong>
    <%= @user.email %>
</p>

<p>
    <strong>Birthday:</strong>
    <%= @user.birthday %>
</p>

<p>
    <strong>Memo:</strong>
    <%= @user.memo %>
</p>

<%=link_to"view all staff","/"%>

<index.html.erb>
<body>
      <% @users.each do |user|%>
        <tr>
         <td><%= user.id %></td>
         <td><%= user.name %></td>
         <td><%= user.email %></td>
         <td><%= user.birthday %></td>
         <td><%= user.memo %></td>
         <td><%=link_to"show","/topic_table/:id"%></td>
         <td><%=link_to"Edit","#"%></td>
         <td><%=link_to"Destroy","#"%></td>
       <% end %>
      </tr>
  </body>

class TopicTableController < ApplicationController
  def index
    @users = User.all
  end

  def new
    @user = User.new
  end

  def show
    @user = User.find(params[:id])
  end


  def edit

  end

  def update
    @user = User.find(params[:id])
    if  @use.update(user_params)
    redirect_to ("/topic_table/:id")
    else
      render 'edit'
    end
  end

  def create
    @user = User.new(user_params)
    @user.save
    redirect_to ("/topic_table/:id")
  end


  private
    def user_params
     params.require(:user).permit(:name, :email,:birthday,:memo)
    end

end
<model>
class CreateUsers < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table :users do |t|
      t.string :name
      t.string :email
      t.date :birthday
      t.text :memo

      t.timestamps null: false
    end
  end
end

コード

引用テキストイメージ説明

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

特に理由がないのであれば、レールに乗る(Rails標準のやり方で進める)ことをおすすめします。

resources :topic_tablesと書くだけで、TopicTablesControllerに対するindexshowneweditcreateupdatedestroyの7つのアクションが揃います。

特殊な操作が必要でもないのに、わざわざ自分で書いて間違えるのは(練習でやっているなら別ですが)時間の無駄です。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 91.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails 4

    2308questions

    Ruby on Rails4はRubyによって書かれたオープンソースのウェブフレームワークです。 Ruby on Railsは「設定より規約」の原則に従っており、効率的に作業を行うために再開発を行う必要をなくしてくれます。