質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.76%

  • PHP

    19247questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1705questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

  • IIS

    180questions

    IIS(Internet Information Services)はマイクロソフト社によって開発されたwebサーバーです。Windows上で動作します。

Laravel5.5を使ってAjaxでサーバにファイルをアップロードしたいが、IISで405が返ってくる

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 403

nnahito

score 1680

 はじめに

Laravel初心者です

 質問概要

jqueryのajaxを使って、ファイルがドラッグされたらサーバにアップロードしたい。
しかし、405レスポンスが返ってくる。

 質問

前回の質問で、ファイルをドラッグ・アンド・ドロップでサーバにAjax通信でファイルをアップロードすることができました。

その開発環境が、

  • Windows10
  • Larabel5.5
  • XAMPP
  • PHP 7.1.4 (cli)

なのですが、これを本番環境のサーバ

  • Windows Server 2016
  • IIS10
  • PHP 7.1.6 (cli)

にコピー(デプロイ?)したところ、開発環境(XAMPP)では正常にアップロードできていたものが、
何故か405エラー(Method Not Allowed)が返ってきます。
LaravelはIISに対応してない……というわけではないと思いますが、
何故このような現象が起こるのでしょうか?

ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけますと幸いです。

 コード


ルーター(web.php)

/**
 * 管理ページ
 * ファイルのアップロード
 */
Route::match(['post'], '/admin/file/upload/', 'AdminController@fileUpload')->middleware('articlepost');

ミドルウェアは、パスワード処理系の為省略


コントローラー(AdminController.php)

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use App\User;

use Illuminate\Http\Request;
use Session;
use App\Http\Controllers\Controller;
use App\Model\Dao\ArticleDao;
use Illuminate\Support\Facades\Storage;


/**
 * articleページのコントローラー
 */
class AdminController extends Controller
{

// 中略

    /**
     * ファイルのアップロード時に通るコントローラー
     *
     * @author Nな人<nnahito>
     * @return view
     */
    public function fileUpload(Request $request) {

        // ファイルが来ているかのチェック
        if ( $request->hasFile('file') !== true ) {
            return response()->json(['status' => 'false']);
        }

        // 入力ファイルの取得
        $file = $request->file('file');

        // ファイルの保存(戻り値に保存作のパス)
        $path = $request->file('file')->store('upfiles');

        // ファイルが取得できているかのチェック
        if ( $request->file('file')->isValid() !== true ) {
            // 失敗ならエラー
            return response()->json(['status' => 'false']);
        }

        // 可視性の取得
        $visibility = Storage::getVisibility($path);

        // アップロード成功ならファイルパスも返す
        return response()->json(['status' => 'true', 'path' => $path, 'visibility' => $visibility]);

    }

}

--- 

ビューのJavaScript部分

    <script>

    // ページのローディングが終わったら
    $(document).ready(function(){
        // テキストエリアのサイズ変更トリガーを実行
        $('#content').trigger('autoresize');
    });


    // ブラウザ上でファイルを展開する挙動を抑止
    function onDragOver(event) {
        event.preventDefault();
    }

    // Drop領域にドロップしたファイル情報を読み取り
    function onDrop(event) {
        // ブラウザ上でファイルを展開する挙動を抑止
        event.preventDefault();

        // ドロップされたファイルのfilesプロパティを参照
        var files = event.dataTransfer.files;
        if (files.length >= 1) {
            alert(files[0].name + ":" + files[0].size);
            FileUpload(files[0]);
        }
    }

    // ファイルアップロード
    function FileUpload(f) {
        var formData = new FormData();
        formData.append('file', f);
        $.ajax({
            type: 'POST',
            dataType : "json",
            contentType: false,
            processData: false,
            url: '/admin/file/upload/',
            data: formData,
            headers: {
                'X-CSRF-TOKEN': '{{ csrf_token() }}'
            }
        }).done(function(json) {
            console.log(json);
            var textarea = $('#content').val();
            $('#content').val(textarea + "\n" + json['path']);

        }).fail(function(jqXHR, textStatus, errorThrown) {
            console.log(jqXHR);
            console.log(errorThrown);
            alert(textStatus);

        });
    }

    </script>

IIS10で返ってくる値

イメージ説明

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

先日の解決した質問でのIISで相対URL指定ではLaravelのルート定義が見つからないエラーになるが、urlヘルパーを使った完全なURL指定ではうまくいったという状況を元にすると、$.ajaxのurlをhttp://付きの完全なURLにすると解決するかもしれません。

またLaravelのルート定義をクライアントJavascript側でも使えるようにする以下のZiggyライブラリを使うとフロントエンド開発で少し楽が出来ます。
Ziggy: A Package for Named Laravel Routes in JavaScript
tightenco/ziggy
※上記ライブラリを使う場合は、管理画面等の不要なルート定義が漏れないようにconfig/ziggy.php を正しく設定することが必要です。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/11/15 09:30

    ご回答ありがとうございます。

    ひとまず、
    > 完全なURLにすると解決するかもしれません
    コントローラー側で、アップロード先の完全なURLをurl関数を使って生成しビューに渡して表示させると、
    アップロードは正常に行われたようです。

    しかし、返却れるヘッダーが「500 Internal Server Error」となりました。
    詳細は「fopen(): Filename cannot be empty」とのことです。

    調べてみると、どうやら以下のところでExceptionが吐かれているようです。
    // ファイルの保存(戻り値に保存作のパス)
    $path = $request->file('file')->store('upfiles');

    ファイルはLaravelのファイルが来ているかのチェックメソッドである、
    $request->hasFile('file')を通過していることから、正常にサーバに上がっていると思われますが……
    この原因は何なのでしょうか。

    キャンセル

  • 2017/11/15 11:37

    横から失礼します。普通storeメソッドでは、laravel側が勝手にIDを作ってそれをファイル名にして保存してくれます。ですが「fopen(): Filename cannot be empty」というエラーが出ている以上、それが上手くいっていないと考えられます。原因はちょっとわからないのですが、とりあえずstoreASメゾットで上手く保存できるか試してもらえますか?
    「$request->file('file')->storeAs('upfiles', 'ここに適当なファイル名');」

    キャンセル

  • 2017/11/15 13:57

    ルート定義が解決したのであれば、後はサーバー側のファイル保存の問題かと思うのでh_3478さんのコメント等を試していけば解決できるかと思います。
    Laravelのファイル権限設定に関しては、以下のkore1serverさんの記事なども参考にしてみてください。
    [Laravel5.4、rsyncでデブロイする](https://kore1server.com/361)

    キャンセル

  • 2017/11/16 00:31

    ご回答ありがとうございます。
    h_3478様の $path = $request->file('file')->store('upfiles'); でもだめで理由を探っていると、
    IISのPHP7では、アップロードされたファイルは一度、C:\Windows\Tempフォルダに格納されるため、そのアクセス権限がなかったようです。

    TempフォルダにISURとIIS_ISURS権限を付与すると、無事アップロードすることができました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.76%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    19247questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1705questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

  • IIS

    180questions

    IIS(Internet Information Services)はマイクロソフト社によって開発されたwebサーバーです。Windows上で動作します。

  • トップ
  • PHPに関する質問
  • Laravel5.5を使ってAjaxでサーバにファイルをアップロードしたいが、IISで405が返ってくる