teratail blog

2015/07/08 Wed 17:53

1018 PV

teratail API v1.0を公開しました

こんにちは。teratail開発チームの出川です。

このたびteratail初の公開API、teratail API v1.0をリリースしました。

teratail APIでは、以下のようなことが可能です。

・質問詳細とその回答の取得
・ユーザー詳細の取得
・ユーザーのクリップしている質問の取得
・タグ一覧の取得
・タグを持つ質問の一覧の取得
・他

以下はcurlコマンドでJavaScriptタグを持つ質問の一覧を取得する例です。

$ curl -X GET 'https://teratail.com/api/v1/tags/JavaScript/questions?page=2&limit=2' | jq .
{
  "meta": {
    "message": "success",
    "total_page": 369,
    "page": 2,
    "limit": 2,
    "hit_num": 1106
  },
  "tag": {
    "tag_name": "JavaScript",
    "explain": "JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。\r\n開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。\r\n動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。",
    "created": "2014-09-30 16:30:02"
  },
  "questions": [
    {
      "id": 12355,
      "title": "SELECTでユーザーが選んだ項目でダイアログを表示",
      "created": "2015-07-07 12:41:50",
      "modified": "2015-07-07 12:41:50",
      "count_reply": 2,
      "count_clip": 0,
      "count_pv": 51,
      "is_beginner": false,
      "is_accepted": false,
      "tags": [
        "JavaScript",
        "HTML",
        "HTML5"
      ],
      "user": {
        "display_name": "jackie1993427",
        "photo": "https://cdn.teratail.com/uploads/avatars/24784/v0p4ZXAP_thumbnail.jpg",
        "score": 11
      }
    },
    {
      "id": 12353,
      "title": "[thymeleaf for javascript] jsファイルを外部化しつつthymeleafに通したい",
      "created": "2015-07-07 12:22:35",
      "modified": "2015-07-07 12:22:35",
      "count_reply": 0,
      "count_clip": 0,
      "count_pv": 12,
      "is_beginner": true,
      "is_accepted": false,
      "tags": [
        "JavaScript",
        "HTML",
        "HTML5",
        "Thymeleaf"
      ],
      "user": {
        "display_name": "SevensBell",
        "photo": "https://cdn.teratail.com/uploads/avatars/14737/O9ZvcZdz_thumbnail.jpg",
        "score": 6
      }
    }
  ]
}

現在各種情報の取得のみの機能の提供となっております。
互換性を保ちながらの新規の機能の追加は随時行っていきますので、今後にご期待ください。

teratail APIではアクセストークンの利用が可能です。
アクセストークンはログイン後にアクセストークン管理ページより発行が可能です。
リクエストにトークンを含めるとアクセス制限を緩和させることができますので、
個人でデータを利用したい場合などにご利用ください。

詳細な仕様についてはドキュメントページをご覧ください。

今後ともteratailをよろしくお願い致します。

コメント(1)

2015/07/09 21:12

待ってました。 勢いだけでAPIのクライアントライブラリ書いてみました。 https://github.com/cssho/teratailApiClient

人気の記事

タグ一覧

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る