teratail blog

2015/06/04 Thu 20:56

6263 PV

回答のつきやすい質問を投稿するための心がけ

こんにちは。teratail開発チームの出川です。

teratailはおかげさまで2015年5月で質問数が10,000件を超え、エンジニアの疑問やプログラミングに関する問題を解決するコミュニティとして大きく成長してきました。

質問が増えるにつれて、teratailという場に今までに様々な種類の質問投稿がされてきたことがわかってきました。

ただその中には回答者が回答しやすい質問や逆にそうでない質問など、内容に非常にばらつきが多く、teratailというコミュニティが疑問を抱えたエンジニアにとってどういう場であるべきかを改めて考えるようになりました。

そこで今回はteratail開発チームが、teratailに質問を投稿するにあたってどういうことを心がけて欲しいと感じているかをまとめてみました。

  1.  テーマはプログラミング・エンジニアリングに関すること
  2.  問題や疑問を解決する場
  3.  まずは自分で簡単に調べて考えてみる
  4.  回答に必要な情報を書く

 1. テーマはプログラミング・エンジニアリングに関すること


teratailはエンジニアやプログラマのためのQ&Aコミュニティサイトです。

プログラマやエンジニアの問題解決のプラットフォームとして、よりプログラミングやエンジニアリングの悩みにフォーカスが絞られた質問が投稿されてほしいと考えています。

 2. 問題や疑問を解決する場


問題や疑問を解決する目的と思われない質問の投稿は少なくしていきたいと考えています。例えば以下の様な投稿です。

・広告と受け取られるような投稿
・単に票を募るアンケート
・お悩み相談
・単なる意見の主張
・雑談・仲間内での馴れ合い

 3. まずは自分で簡単に調べて考えてみる


今やプログラミングに関する情報は多くインターネット上にあふれています。既にteratailに投稿されていて解決に至っている質問も多くあり、投稿しようとしている疑問の解決の助けになるかもしれません。

また問題の解決のために調べた本の名前やサイトのURLを載せると回答の助けになります。どの程度まで質問者が調べ、考えを進めたかがわかるためです。今までに発見した解決策のどの部分が解決に至らなかったのかを細かく記せば、より質問者の抱えている問題が明確になり、回答者が回答をつけやすくなります。

また学校や会社等の課題の丸写しや丸投げ等は質問者の成長とはなりませんし、質問者が自分が問題を解決する気がないと受け取られてしまい回答がつかないことがあります。自分でどこまで考えたか、どの部分がわからないのかを問題を分解して個別に質問をすると回答がつきやすくなります。

 4. 回答に必要な情報を書く


何をどう解決したいのかが明確になっている質問ほど、回答してもらえる確率は高くなります。

例えば以下のような、抱えている問題が何か想像しにくいタイトルは記事を見てもらえず回答されない場合があります。

記事タイトルの悪い例
・×「〜で困ったこと」
・×「〜について」
・×「このバグを直してください」

逆に以下のように質問内容を一言で要約できるような文をタイトルにすると回答者が非常に答えやすくなります。

記事タイトルの良い例
・○「〜〜で〜〜するためにはどうしたらよいか」
・○「〜〜の実装で〜〜で処理がとまる」
・○「〜〜のエラーを直したい」

「〜〜を作るためにはどうすればいいですか?」などの抽象的な質問はあまりに回答の幅が広すぎて、回答者が何を答えたらいいかわからなくなります。「○○の目的で○○をしたいが○○がわからない」のように、問題を細分化して質問者が何を求めているのかがわかると回答者は回答しやすくなります。

また質問本文には、ソースコードや疑問の内容に加えて以下のような情報を入れると効果的です。

・言語・ライブラリのバージョン
・問題の発生した環境
・問題が発生するまでの流れ・手順
・エラーメッセージ
・試したが解決に至らなかった対処法

これらを記述することで質問者の抱えている問題が明確になります。また問題の中には特定のバージョンや環境でしか再現されないものも多くあります。



ここまで大きく4つ、teratailで質問をするときに心がけて欲しい項目をまとめました。

投稿する質問の内容についてもし何か疑問に思うことがあれば、利用規約をご覧いただくか、本記事のコメント欄またはお問い合わせからお願い致します。

これからもteratailはプログラミングや技術に対する疑問を解決するQ&Aプラットフォームとして、より質問しやすく回答しやすい場を作ることに全力を注いでいきたいと思います。

今後ともteratailをどうぞよろしくお願い致します。

コメント(2)

2016/06/13 18:20

最近、学校の課題と思われるような投稿が増えているように思います。プログラマ人口が増えていくのはいいことなのですが、学校の課題の正解を教える場所ではないので何とかならないものかと思うのですが・・・。

2016/05/18 17:27

https://teratail.com/help/question-tips

人気の記事

タグ一覧

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る